ブログ

看護拒否は困ったちゃんではなく、いくつになってもお肌へのこだわりがあるというポリシーだった

投稿日:

タイトル通り「看護拒否は困ったちゃんではなく、いくつになってもお肌へのこだわりがあるというポリシーだった」の経験についてです

基本的に「拒否」という行為。それと人に対して怒りのコミュニケーション、威圧のコミュニケーションをとる方は「困っている方」

だから「怒っている」「突っかかる」「無視」など気にかかるようなことをされるときは「感じ悪い!」のではなく

「この方の困りごとは一体なんだろう?」と少しでも話せる環境にしたい!というスタンスが信念です。

 

病棟ではモーニングケアという仕事がある。顔を拭いたり、ひげを剃ったり、胃のチューブの

シール張替え、口腔ケアの仕事です。大学病院の急性期の外科64床の病棟。ケアの時間に限りがあります。どんどんモーニングケアを進めないとまわりきれません。

思い出すのは完全にモーニングケア拒否の80代の女性。

目ヤニがたまっています。

「顔を拭かれるとさっぱりしますよ。」

「首だけでも」など毎日いろいろなナースが様々な声かけをしますがプイッと拒否。

ある日ご本人に聞いてみました。

「なんで朝のお顔拭きなどされたくないんですか?」

「何か理由がありますか?」

 

「だってだって。(無言)」じーっと待つ。

「熱いタオルを渡してくるから・・・。」「わたしは家でも水でしか顔を洗わないの。なんでかわかる?」

「肌には水がいいの。冷たくしなくちゃだめなの」

ようやくポツリとお話してくださいました。

たしかに!!お肌がキメ細かくてきれいです!!

だけど目ヤニがすごい。

必要なのは声かけの工夫ではなく耳を傾ける姿勢でした。

 

すぐにあたたかいタオルでなく、水で絞ったタオルをお持ちしました。

 

「ああ~気持ちいい!!!」

どれくらいぶりでしょうか。

すんなりお顔を拭いてくださいました。

 

熱いタオルで拭く=ニーズに合わないものだったのか。

そもそもなんで「冷たいタオルがいいの」というお安い御用なことを、口にできないこ

じれた関係になってしまったかも考えないといけませんよね。

 

すぐに困ったちゃん認定はしちゃだめ。思考停止。ダメぜったい。

いくら利点を、正論を説明しても人の心には響かない。それどころか「話しても無駄」

と心を閉ざしてしまうこともあります。

拒否している理由について興味をもって聞いてみること、看護者の「これは正しいことだから言うことを聞かせる目的」ではなく、ご本人が日常生活を健やかに営むためにどうしたらいいか、の視点を持つこと、しつこくない程度に根気よくあきらめずに尋ねてみること。

これで糸口がつかめることがあることを学びました。

 

それにしても80代で肌への強いこだわり。かっこいい!!

 

といまでも印象的なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.