エンディングノートの選び方 レビュー 親へ送るエンディングノート 作成サポート セミナー

エンディングノートを作ろう!

リンク広告

ブログ

生命保険とエンディングノート

投稿日:

生命保険の種類

保険とひとくちに言っても種類がいろいろ。エンディングノートに書いておくといい保険のことってなんだろう?


1.生命保険

これは自分が死亡した後に遺族にお金を残すというのがメイン。

では契約した保険の「保険金受取人」はどうなっていますか。

意外と知らないのが誰に保険金を残しているのかということ。

初婚の場合は問題ありませんが、前妻・前夫がいる場合は「今の夫・妻」「前の夫・妻」そちらなのかで裁判になることもあります。

きちんと固有名詞で確認できるようになっているか、だいぶ昔に契約して放っておいている場合、
自分が本当に残したい方にきちんと指定できているかどうかを確認する必要があります。
(配偶者以外に残したい場合もあるかもしれません。人には事情があります)

またこの旨は事前に残される方に伝えておくことが大事です。エンディングノートに記載してあることもお話しておきましょう。

 

死亡保険金は、受取人の生活保障としての意味もありますが、葬儀等に賄う意味もあります。

・自分の葬儀でやってもらいたいこと かける費用の目安

・お墓の用意

・何回忌まで使うか

 

例えば、

葬儀は控えめでいい、最期のお別れだからお金をかけてほしい、

3回忌までは親族そろってもそれ以降は子どもだけでいい、

13回忌までは親族顔合わせの機会として行ってほしい、そのときにおいしくご飯を食べてほしいのでお金を残した

など、などの使い道を具体的に記載しておくと残された方が困りません。

 

また生命保険には

「リビングニーズ特約 があります

医師が余命6か月以内と診断した場合に保険金が降りるのです。

そうなった場合に、もし自分で判断できない状況にある場合には
「生きている間にこのような用途で使ってほしい」という希望をエンディングノートに記載し、大事な方に伝えておきましょう!

 

2.医療保険

加入しているようならば、入院費・治療費・手術代のほかの保険で賄えない部分、
差額ベッド代などの諸費用は民間の医療保険でカバーしているから心配し
ないように、と知らせておくといいですね。

 

 

3.自動車保険

所有者が死亡したときには廃車の手続きが必要です。

譲りたい方がいる場合はそれも記入しておきます。
相手側の意志は必ず確認しましょう
「ええー。エンディングノートに書かれたけどいらないよー」なんてことにならないようにしないといけませんね。

さらに保険の解約も必要ですから、保険会社の連絡先はエンディングノートに必ず控えておきましょう。

 

4.火災保険、家財保険、地震保険

自分が亡くなった後、不動産をどう処理していくかはケースバイケースかと思います。

いずれにしても大事なことはひとつ。

代理店の電話番号と証券番号を記載

証券そのものは紙切れですからなくても大丈夫。大事なのは証券番号です。

 

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。お役に立てたら幸いです。

1位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

2位 コクヨ 「もしもの時に役立つノート」

コンセプトは「家族のために。あなた自身のために」
もしものときに家族が困らないように、自分自身の情報整理に使うことが目的のエンディングノート。
文房具屋が作成しただけあり、用紙にもこだわりがあります。しっかりとした厚みでなめらかな書き心地の用紙。
シンプルで事務的に必要なことを簡潔に伝えられるエンディングノートがほしい方にはぴったり。Amazonのレビュー評価が高いだけあり、年齢問わず万人向けのノート。
備忘録の要素を強く求めている方に合う。
思い出を楽しく綴るというより、気がかりをひとまとめに記入できる事務的要素が強いノートです。

3位 親ブック

子どもが親に聞き取りながら記入するノート。このため、親がいるなら何歳でも適応。ですが現実的に親の交友関係や生活が気になり出すのは、子どもである自分が30代後半~、または両親が65歳すぎたころかな、と思います。
親ブックのコンセプトは、親子をつなぐきっかけ作り。
親のことを考え始めた方の入門編といったところ。
エンディングノートとは言えません。介護や、葬儀、財産、人生の最終段階の方針はまたあらためて確認する必要があります。
ただ、親のことが心配なだけなのに「エンディングノート」「終活」という言葉で親を傷つけたくない、もっとやんわりと親と今後のことを話したい、という場面にはぴったりです。その中で自然と終末期の希望なども聞けるのが理想です。

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.