リンク広告

介護保険料滞納するとどうなるか。時効があるとは。 

40歳以上になると給料明細に新たな支払いが追加される・・・。それが介護保険料。 介護保険制度の財源とするために徴収されるお金のこと。介護保険料の納付に年齢制限はなく、ずっと払い続けなければいけません。

もし病気、怪我などが原因で介護が必要になった場合、介護サービスを受けるために必要となります。

介護保険料は、65歳になるまでは会社勤務の人は給与から天引きされます。自営業者などの国民年金加入者は国民健康保険と一緒に徴収されます。そのため無意識に支払いをしています。
しかし、65歳以上で年金の受給額が年額18万円未満の人は、市区町村から送られてくる納付書で直接納付か口座振替での支払いとなります。手持ちがないとついつい支払いが滞ってしまうというケースもあります。

たとえば85歳男性Aさん。生活がぎりぎりで介護保険料を滞納していました。市役所から介護保険に関する何か書類が届いたけれど「いまどうせまとまったお金ないし」と無視。そうしているうちに介護保険料を納める期限が時効を迎えてしまいました。

「時効!ラッキー滞納した分はチャラ!!」????

いえいえそんなことになったら正直に保険料を払っている人がやってられないですよね。
2年以上滞納すると介護保険サービス利用料の自己負担が3割または4割負担となる(介護保険法第69条)

介護保険料の支払いは2年を超えると時効となります。
(チャラじゃないのがポイント)
滞納があった期間は、介護保険を実際使うときに負担が増えるというのペナルティが課せられます。介護保険の負担割合が1、2割だった人は3割負担。3割負担だった人は4割負担へアップ。
(例)20万円分のヘルパーや訪問看護などの介護サービスを利用したとします。
1割負担→本人支払額2万円/月
3割負担→本人支払額6万円/月↑
4割負担→本人支払額8万円/月↑

ちなみに後でお金に余裕ができても時効を迎えてしまうと、まとめて支払うこともできません。時効って意味は「支払いのタイムリミットを過ぎたので負担が増えます」ということなのです。

しかし、市区町村もいきなりこんなペナルティは課しません。はじめにこのままだと給付制限になりますよ、という警告の文書が送付されます。それでも無視して時効になってしまったら給付制限が容赦なく行われます。手遅れにならないよう「何か市役所から介護保険の封書届いたな」と思ったらまず開封!
滞納を放置せず、すぐに市区町村の介護保険課に支払い方の相談をしましょう。一定期間支払いを延期できる制度や分納など、少しづつでも支払う方法について相談に乗ってくれますから。

介護保険申請をするときは生活の困りごとがあるときです。そんなときサービスが使えないのはつらいものです。本当に。
「住宅改修したい」お金が・・・
「骨折してとても家事ができない」お金が・・・
高額介護サービス費の払い戻しが受けられない・・・

高額介護サービス費とは
1ヵ月で支払った介護保険サービスの自己負担額が一定額を超えたとき、超えた分の金額が介護保険から支給される仕組みです。1ヵ月の上限額は世帯ごとの所得区分によって定められます。

 

介護保険は元気なときには不必要と思うかもしれません。
しかし、病気やケガをした未来に後悔することになるんです。国で定められた介護保険料の支払いは、できるだけ滞納せず毎月コツコツ支払うことが大切です。
万が一、生活や社会状況に応じて納付できない場合は滞納を放置しないで!
いざというときに困っている方達にたくさん出会っています。とにかく早めに住民票のある管轄の自治体に相談するのが吉。
市区町村は申請主義ですから自ら動かないと助けてくれません。

 

 

 

 

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

© 2021 エンディングノートを作ろう! Powered by AFFINGER5