リンク広告

おしゃれな福祉用具がほしい!

世の中の高齢者はおしゃれだ。特に女性はファッションに敏感。
だから、杖や手押し車が必要になると「みっともない」「恥ずかしい」「こんな老人みたいの持ちたくない」と言う。
また、子ども世代が高齢の親にプレゼントしようとするときもするときも
「おしゃれだった母にこんなデザインは持たせたくない」など、感じる方もいます。

まず福祉用具の作成している方に言いたいのは
たちあっぷなどの簡便で便利な手すりをインテリアになじむ木目調なども発売してほしい!
デザインなんてどうでもいいじゃん、という方はいいんです。
でも、デザインが気にいらず、転倒の危険があるまま過ごしている方がいることが気がかりです。
「自己責任」とはとても思えません。転倒を覚悟しているんのではなく「多分、自分は大丈夫だろう」という楽観的思考によるものだからです。
転んで骨折ってもいいなんてはずがありません。

これがたちあっぷ↓ 置くだけなのに安定感があり、どこにでも設置できるのが使いやすい


杖については、女性向け=かわいい=花柄 が多すぎる問題。
もっと水玉や動物柄などでデザインが豊富になればいいのに。
また色合いもワイン色や茶色など地味すぎます。逆にピンクや水色が浮くようなデザインとか・・・。
登山用みたいなおしゃれな色合いが持ちやすいですね。

ようやく見つけた動物柄。色もホワイトで画期的!

キティちゃん↓

買い物カートは、最近おしゃれな物が増え、抵抗なく持ちやすくなりました。ただし以下のようなキャリースタイルは体重を支え、掴まる目的ではありません。あくまで買い物荷物を運ぶ用途なので注意が必要。また、米や水などを入れると段差で困りますので、重たい物は配達が無難です。

膝や腰が痛いかたは、座面に座れるものが便利かもしれません。コチラは前に押すタイプなので体を支えることができます。
カラフルなシルバーカー見つけました。

花柄ですが、色合いはおしゃれ。

小花柄ですが、シックでかわいい

ちなみに、これらの福祉用具は福祉用具の会社に頼めば、デモ機をお試ししたり、自宅に運んでもらえます。最寄りの地域包括支援センターまたはケアマネさんに相談すれば各社のカタログをもらえます。

福祉用具は安全性が大事なことは当然ですが、「自宅に置きたい」と思うようなデザインも大事だと思います。
高齢者が楽しみを持って選択できるようになるといいですね!

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.