ブログ

親の入院費の支払い 事前に代理カードを作成する手順

投稿日:

親が急に倒れた。入院した・・・。
病状もとても心配ですが、入院費の支払いも気になるものです。

各金融機関では、本人以外もお金を引き出せる「代理カード」(家族カード)を作成することができることをご存じですか。
親の病院代や介護の費用の入金などにも大変役立ちます。

1.代理カードとは

キャッシュカード機能を、家族が利用できるもの。
ふつうひとつの口座ににつき、キャッシュカードは1枚ですが、代理カードを作成すれば、ひとつの口座を共有することができます。
作成の際は必ず名義人(親)本人が作成しなければいけません
手数料は条件付きで無料~1000円程度です。

ishiko
代理カードだから家族が代理で作成・・・はできないので注意。もしものためにと説明し、親が動けるうちに作成する必要があります。

振込とは違い、名義人の口座に対して代理人が直接入出金する事が出来るので、口座名義人(親)と代理人(子)とのお金のやり取りにおいて「振込手数料」がかかりません。
作成できる家族の条件は、<同居人に限る><生計を共にする家族>というところが多いですが、中には<名義人が指定した家族を選択できる>銀行もあります。
それぞれの銀行で条件が異なりますので、利用中の銀行に確認を。この記事中に、主な銀行のリンクもありますので、参考にしてくださいね。
代理人カードの作成は名義人(親)が口座を持っている銀行に限ります。

2.代理カード作成する場合の必要書類

✅口座名義人の身分証明書
✅口座名義人の通帳、キャッシュカード
✅印鑑(銀行届出印)

一般的な銀行キャッシュカードの場合、代理人の身分証明書は必要ありません。生体認証カード等作成の場合、代理人の身分証明書が必要になる場合もあります。

3.代理カードを作成できる銀行

下記にリンクを貼りますので、代理人カード作成ページをご覧ください。

ゆうちょ銀行 HPに料金の記載ないため、無料と思われる(要確認)

みずほ銀行みずほマイレージクラブ会員 無料
その他の方 手数料1枚1080円

三井住友銀行 代理人カードについてのHP記載なし。電話で確認を。

三菱UFJ銀行 無料

イオン銀行 無料

ソニー銀行 手数料1枚1080円 ネットから申し込み 最大9枚まで発行可能

セブン銀行 手数料1枚1080円 テレホンサービスから申し込み

JAバンク 代理人カードについてのHP記載なし。規約のみ。
手数料無料のようだが、各JAバンク窓口へ要確認となっている。
また、通常代理人カードの発行は代理人の同行は必要ないが、JAバンクだけは代理人の同行が必要→JA横浜HP

代理人カードの発行なし(2019.4月16日現在)
住信SBIネット銀行
じぶん銀行

4.まとめ

急に入院した!などまとまったお金が必要なときのために、もう1枚キャッシュカードを作成し、子どもが預かっておくための方法を解説しました。
キャッシュカードは随時、お金を引きだすために親も使用しているもの。通常しまってある場所を聞いておいたとしても、たまたま持ち出したあとで他の鞄に入っている・・・ポーチや別の財布に入っている・・・なども考えられます。

ちなみに親にかかった費用については、引き出した用途についてその都度メモしておくと、後々、兄弟から聞かれたときに見せて説明することができます。通帳があれば、引き出した金額の横にメモしておけばいいのでさらに簡単です。
(手助けしないで、口だけ出す兄弟の登場は本当によくあります。残念なことですけれど・・・。
自分がいやな思いをしないためにも、少々面倒ですが、金額のメモは怠らないほうがいいです)

ishiko
ちなみに、入院時は保証金を納めることになるので、入院の準備も含めて現金10万円くらいを用意しておくと安心です。

-ブログ
-,

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.