エンディングノートの選び方 レビュー 親へ送るエンディングノート 作成サポート セミナー

エンディングノートを作ろう!

リンク広告

ブログ

「人生会議」 アドバンス・ケア・プランニングの愛称が決まった

投稿日:

このニュースにまずはただ驚き、え、愛称・・・ちょっとダサ・・・と思ったことをここに懺悔します。

時事通信 11月30日「ACP愛称 人生会議に」
人生の最終段階に本人が希望する医療やケアを受けられるよう、あらかじめ家族や医師らと繰り返し話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の取り組みについて、厚生労働省は30日、愛称を「人生会議」とすることを決定した。また、「いいみとり・みとられ」の語呂合わせで、11月30日を「人生会議の日」と決めた。

やっぱり愛称は大事です。
アドバンス・ケア・プランニングだの、ACPだの言ってても、浸透してほしいターゲットの一般の方に認知がなければ仕方がない。
なんでも、愛称って決まった直後は違和感あるもの。だから、頭ごなしに文句言ってはいけない。え、ちょっとダサ・・・なんて公募に応募もしていない人が言ってはいけない(お前がな)

都営12号線が「大江戸線になります」と聞いたときも「はあ?大江戸?外国人向け?すごいネーミングだな」と思ったけれどすっかりなじんでて普通に大江戸、大江戸言ってます。何の違和感もない。
都営荒川線が「さくらトラム」になったのだって、今では・・・今では・・・アレ。今も浸透していないな。

KinKi Kidsだってキッズ?と不思議だったし、平成jumpだってすごい名前だなーと思っていたのに今はすっかりなじんだ。
いやジャニーさんすごいな。あたらしいグループ名を作り出して発表するとき、気恥ずかしくならないのかな。
覚えやすい、印象に残る名前を考えるって難しい。

だから「人生会議」悪くはない。
公募で人生会議を考案した看護師さんが「食卓の場など身近な場面でも話せるぐらい浸透してほしい」、と願いをこめたとお話していました。ほんとうにもっとハードルが低く、人生の最期のお話が日常で出来たらいいですね。


本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

3位 コクヨ 「もしもの時に役立つノート」

コンセプトは「家族のために。あなた自身のために」
もしものときに家族が困らないように、自分自身の情報整理に使うことが目的のエンディングノート。自分の歴史を振り返ったり、思いを残すというエンディングノートとは異なり、事務的な印象が強い。
シンプルで事務的に必要なことを簡潔に伝えられるエンディングノートがほしい方にはぴったり。Amazonのレビュー評価が高いだけあり、年齢問わず万人向けのノート。
字が細かめなので、30~40代でエンディングノートを探している方にもいいです。
備忘録の要素を強く求めている方にも合います。

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.