ブログ

「人生会議」 アドバンス・ケア・プランニングの愛称が決まった

投稿日:

このニュースにまずはただ驚き、え、愛称・・・ちょっとダサ・・・と思ったことをここに懺悔します。

時事通信 11月30日「ACP愛称 人生会議に」
人生の最終段階に本人が希望する医療やケアを受けられるよう、あらかじめ家族や医師らと繰り返し話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の取り組みについて、厚生労働省は30日、愛称を「人生会議」とすることを決定した。また、「いいみとり・みとられ」の語呂合わせで、11月30日を「人生会議の日」と決めた。

やっぱり愛称は大事です。
アドバンス・ケア・プランニングだの、ACPだの言ってても、浸透してほしいターゲットの一般の方に認知がなければ仕方がない。
なんでも、愛称って決まった直後は違和感あるもの。だから、頭ごなしに文句言ってはいけない。え、ちょっとダサ・・・なんて公募に応募もしていない人が言ってはいけない(お前がな)

都営12号線が「大江戸線になります」と聞いたときも「はあ?大江戸?外国人向け?すごいネーミングだな」と思ったけれどすっかりなじんでて普通に大江戸、大江戸言ってます。何の違和感もない。
都営荒川線が「さくらトラム」になったのだって、今では・・・今では・・・アレ。今も浸透していないな。

KinKi Kidsだってキッズ?と不思議だったし、平成jumpだってすごい名前だなーと思っていたのに今はすっかりなじんだ。
いやジャニーさんすごいな。あたらしいグループ名を作り出して発表するとき、気恥ずかしくならないのかな。
覚えやすい、印象に残る名前を考えるって難しい。

だから「人生会議」悪くはない。
公募で人生会議を考案した看護師さんが「食卓の場など身近な場面でも話せるぐらい浸透してほしい」、と願いをこめたとお話していました。ほんとうにもっとハードルが低く、人生の最期のお話が日常で出来たらいいですね。


-ブログ
-,

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.