エンディングノートの選び方 レビュー 親へ送るエンディングノート 作成サポート セミナー

エンディングノートを作ろう!

ブログ

決して経験できないもうひとつの人生

投稿日:

医療職のお友達と飲み会。年齢はバラバラ。

子どもがいる人、いない人もいる。新婚さんでこれからどうしようと考えている人も。

30代になると周囲からいろいろ言われたり、周りを見て焦る気持ちがあると話してくれた。

「子どもはまだ?」
「産みたいなら早いほうがいいよ」
「旦那さんも子どもができたらきっと変わるよ」

いろんな助言を言う人たち。
放っておいてあげてほしい。
人に何か言われて「よし。産もう」って考える人はこの世の中にいるのかな。

子どもを産まない選択をした友人は「夫との関係性が妻に甘える形なので、自分は子どもも夫もなんて無理」と散々迷って決めたよ、と言う。
「今は幸せだけれど、子どもがいても幸せだったかもしれないなー」と。
2人はとても仲が良くて、夫婦というつながり、関係性の濃ゆさを傍から見ても感じとれる。

私自身は子どもにたくさん愛しい幸せな気持ちをもらっている。忙しいときも多々あるけれど、今は子どもがいない人生は考えられない。
家族という単位で過ごすことが楽しい。
でも、もし夫婦二人暮らしなら、旅行に豪勢に行って、外食して、もっと気ままに暮らしていてそれも幸せだったかもしれない。

シングルの友達は「何も縛られず、食べたいときに食べ、誰かに気兼ねせずいきたいところに行ける日々が幸せ」と話す。
仕事にも遊びにも目一杯、全力を注ぐことができる。
帰りに行きつけのお店で飲んで帰ったり楽しそう。
家族の話を聞くのが好きだという。自分は自由だから無縁だけど、家族の中で頑張っている話はほっこりするんだよね~と。

女同士集まると、すぐにマウンティングしているように思われる風潮があるけれど、それは違う。自分が歩まなかったアナザーストーリーにカルチャーショックを受けたり、感心したりしながらの飲み食いは本当に楽しい。

わたしの大好きなフローレンス・ナイチンゲールの「看護覚え書き」第十二章「おせっかいな励ましと忠告」
自身病気を抱えて過ごしたからこそ心の底から感じていたF・ナイチンゲールの本質がみえる。

病人が直面している危険を、わざと軽く言いたてたり、回復の可能性を大げさに表現したりして、病人に『元気』をつけようとする、そのような軽薄な行為は 厳に慎んでいただきたい

答えるほうもどう答えたらいいかわからな時に「大丈夫大丈夫」「すぐ治るよ。「元気出して」などの言葉は軽薄な行為であるということ。

これを普段の会話に当てはめてみると
「夫が子どもを好きじゃないんだ~」なんて話す友人に
「赤ちゃんできれば変わるよ!」「大丈夫、産めばなんとかなるよ」とかね。
なんてなんて、無責任なことを言うんだろう。

自分の運命を、受け入れていく上で必要なことは、自分で考えて選び取ることです。他人からの不必要な励ましではないことだけは確か。

もう一つの人生のあゆみは想像しかできない。全部を経験することはできない。
RPGのようにもう一つの人生は見えない。
どんな形も正解。
それぞれが自分の選び取った人生の選択を振り返って、これでよかったんだ、と思えるように歩んでいけばいい。強く思います。

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。お役に立てたら幸いです。

1位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

2位 コクヨ 「もしもの時に役立つノート」

コンセプトは「家族のために。あなた自身のために」
もしものときに家族が困らないように、自分自身の情報整理に使うことが目的のエンディングノート。
文房具屋が作成しただけあり、用紙にもこだわりがあります。しっかりとした厚みでなめらかな書き心地の用紙。
シンプルで事務的に必要なことを簡潔に伝えられるエンディングノートがほしい方にはぴったり。Amazonのレビュー評価が高いだけあり、年齢問わず万人向けのノート。
備忘録の要素を強く求めている方に合う。
思い出を楽しく綴るというより、気がかりをひとまとめに記入できる事務的要素が強いノートです。

3位 親ブック

子どもが親に聞き取りながら記入するノート。このため、親がいるなら何歳でも適応。ですが現実的に親の交友関係や生活が気になり出すのは、子どもである自分が30代後半~、または両親が65歳すぎたころかな、と思います。
親ブックのコンセプトは、親子をつなぐきっかけ作り。
親のことを考え始めた方の入門編といったところ。
エンディングノートとは言えません。介護や、葬儀、財産、人生の最終段階の方針はまたあらためて確認する必要があります。
ただ、親のことが心配なだけなのに「エンディングノート」「終活」という言葉で親を傷つけたくない、もっとやんわりと親と今後のことを話したい、という場面にはぴったりです。その中で自然と終末期の希望なども聞けるのが理想です。

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.