リンク広告

医師に症状を上手に伝えるメモ

1.はじめに

病院に勤めていたときには、ちょっとしたことでも心配で再受診したり、電話相談して来られる患者さんがたくさんいた。だから、言えない患者さんの存在を知らなかった。
しかし在宅の現場に行くと、医師に遠慮して不安も心配も言えず我慢していたり、何て相談したらいいのか、いやな顔されないか、先生の考えを否定するようで申し訳ない・・・などと医師に相談できない方がとてもたくさん存在していた。
病院に勤めているときは、病院にアクションを起こせる方と接していたから「たくさんの方が相談している」と感じていた。
実際は、モノを言わない方は「了解した」「心配はない」と見なされ、埋もれていたのだ。

たくさんの方が悩んでいる「先生にどう言ったらいいの?」「先生にこんなこと言ってもいいの?」を看護師が解説します。また医師にもっていく相談メモを作成したのでご紹介します。

2.在宅の高齢者が医師に言えないと悩んでいること

高齢の方は、持病により定期的に受診をされている方が多い。受診したときに次回受診は1か月後ね、とか3ヶ月後ね、と予約を取って帰ることがほとんど。次回受診日まで薬が出ているので、通常であれば内服が切れる頃に受診をすることになります。そうです、通常であれば!

しかし在宅の方は「通常でない状態なのに」我慢していることも多く、驚くことがあります。
例えば、「体の右半分がしびれてもう2週間経つんだけど、次の受診まであと1ヶ月あるのよ」
「薬を変えたら、なぜかフラフラしてまっすぐ歩けないんだ」
「薬を変えたら、吐き気がおさまらない。様子みて3週間経ったけど、ずっと気持ちが悪くて食事も喉を通らない」
「心不全があって、徐々に息切れがひどくなってる。少し家事をやるだけでゼエゼエしてしまう。でも次の受診まであと2週間もあるから我慢しないと」等などのお話をされ、「お辛かったでしょう。こういう変わった状況の時には病院に連絡していいんですよ」とお伝えすることがあります。

次回受診まで日があったら、電話でまず相談したらいいです。
「受診日ではないのですが、○○という症状があって辛いので、早めに受診したい。」「様子をみていい症状なのかを確認したくて病院に相談しました」と言えばよいのです。

東京都西多摩保健所作成の「かしこい患者はきき方上手。もっと話そう!伝えよう!」のPDFファイルも参考になると思います。

3.医師に伝えるメモ

要点だけ、簡潔に書くことをおすすめします。忙しい診療の中、レポート用紙数枚!といったぎっしりと書いてあるメモは読んでいられないからです。要点とは何かというと下記のものです。

辛い症状は何か→吐き気 倦怠感 皮膚のかゆみ むくみ 急激な体重増加 視覚異常 味覚異常 食欲不振 歩行状態の変化 息切れ(その他)
いつからはじまったか → 何月何日(朝・昼・夜)ころから 
その症状の頻度は →   一日中か、一定の時間継続するのか、同じ時間帯か、2~3日に1回なのか
心配なこと → (薬の副作用? 新たな病気?など)

この程度のボリュームでいいです。あと足りない部分は、医師が質問していきます。
簡単に症状と時系列、頻度がわかれば良いのです。医師もさっと読めて、わかりやすく助かります。
患者さんは、医師の前だと緊張されることが多いのでメモなら「これを言い忘れた!」を防ぎ心配を抱えないで済みます。

4.おわりに

医師も神様ではありませんから、瞬時にすべての体の調子を知ることは不可能です。患者さんの訴えは大事な診断の要素になります。我慢し続けず、辛かったら受診しましょう。別の疾患が隠れている可能性もあります。

ワードで医師に伝えるメモを作成しました。
医師へのメモ
よかったらご利用ください。医師に症状を伝えづらかった方の助けになれば幸いです。

ワード開きづらい方はこちら→

 

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.