ブログ

千の風になって〜昨日まで元気だったのに

更新日:

訪問看護師をしていたとき。
末期ガンの奥様を献身的に介護される旦那さまに出会いました。
在宅で過ごすということ。それは例え高齢のご主人であろうと、退院時にさまざまな医療的技術を学んで、使えるようになる必要があります。(もちろんそれらをサポートするために訪問看護が入ります。)
点滴のこと、傷の手当て、尿道カテーテルの管理、服薬管理などなど
黙々と必死にこなす姿に頭が下がる思いでした。
しかしその旦那さまが・・・
夜間就寝中に突如として息を引き取りました。誰もが耳を疑いました。世間ではよく聞く話と思いますか。しかし、自分の大切な人が、元気と信じて疑わず<いつか来る別れ>はまだまだ先のこと、と思っていたご家族にとってみたらどうでしょう。心の準備期間がなく突然残された家族の悲しみはとても深いものでした。
その後、奥様の訪問看護に行くと毎回「窓をすこーし開けておいてね」とおっしゃいます。季節は冬。清拭や身体全体の軟膏処置、傷の手当てなどで肌をさらけだします。
風邪をひくのではないか、寒いのではないかと心配しましたが、奥様は一向に譲りません。
「窓をあけておきたいお気持ちがあるんですね」
「何か理由があるんですね」
とお声がけしました。すると
「主人がね、千の風になって来てくれる気がするの」
「窓をすこし開けてあげないと入れないでしょう」
「自分で窓が開けられないから訪問の間だけ開けておいてほしいの」
ぽつりぽつりと打ち明けてくださいました。
それからは・・・できる限りのかけもの調整、保温に努め、窓をすこしだけ開けたまま処置をしました。冷たい風が入ってきても奥様は「主人がきた!」ととてもとても嬉しそうでした。
ご主人が亡くなられてきっかり1か月後、奥様は旦那様のもとへと逝かれました。
それは、めずらしく体調良く、食欲もあり、息子さん娘さんがひさしぶりにたくさんお話しできたんです!と喜ばれていた翌日のことでした。
残される息子さん娘さんと思い出に残る対話の時間を持つことができました。心の準備期間を作ってくれたのかも。奥様もご家族もとても幸せな最期をむかえることができたのだなあ、そして旦那様を追って行かれたのだ、としみじみ感じました。
「千の風になって」
千の風に 千の風になって
あの 大きな空を 吹きわたっています
あの 大きな空を 吹きわたっています
津川雅彦さんの訃報に千の風になったご夫婦を思い出しています。
ご冥福をお祈りいたします。

-ブログ
-

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.