リンク広告

ブログ

生前遺影撮影 ついやってしまいがちなNG例

お葬式の準備をする上で必ず必要な遺影写真。ところが悩むことが多いのが、葬儀までの慌ただしい時間の中で行う遺影写真の選定です。遺影に適した写真はもちろんだけれど、その方らしいできるだけいい映りを選びたいもの。しかし
遺影を用意しよう思ったら、大分昔のスナップ写真しかない!
正面を向いている写真がない!
入院していて長い間写真を撮ってない!
写真に写りたがらないのでほとんど写真を撮っていない!
小さく写っている写真を引き伸ばしたらボケてしまう!
こんなことが起こりがち。
また最近の写真は病院にお見舞いに行ったときに撮ったものだから、脳裏に浮かぶ元気な姿をカメラにおさめておけばよかった、と思うこともあります。

遺影写真の事前準備について考えてみます。

1.生前遺影撮影とは

生前に遺影を前提とした写真を撮ること。正面を向き、お気に入りの服装とヘアメイクで写真撮影にのぞむことができます。

2.生前遺影撮影はどこで撮るの?

お気に入りの写真館があれば遺影のための写真撮影をしたい、と目的を伝えてお願いすればいいです。
ネット検索すると「終活写真」「遺影写真」「生前写真」という名前で写真館が出てきます。
私のプロフィール写真もこちらでお願いしましたがhttps://meetsmore.com/ 「ミツモア」 もプロの写真を手軽に頼めて便利です。プロのカメラマンが隙間時間を利用して個人仕事を受けている場合もあり、一般の料金よりお安くご利用できることも多いそうです。
また、葬儀屋さんの見学会やイベントで生前遺影を無料で撮影できることもあります。ホームページや新聞折り込み広告は要チェック!

3.デジカメや携帯で撮影した写真でもいいの?

むしろ加工が簡単なデジタル素材が望ましいです。加工技術があれば、顔色調整も場合によっては洋服がそぐわない場合に合成することも自由自在。ただし、あまり加工しすぎるのも考えもの。やりすぎないように気をつけましょう。
携帯写真でも遺影撮影は可能ですが、解像度を高くしておかないと引き延ばしたときにぼやけるので注意が必要です。

4.まとめ

「自分のお気に入りの写真館で生前にきれいな遺影を準備しておこう」と考えておくことはいいことです。ただ、自分のお気に入りの写真が遺影として望ましいか、というと家族にとってはそうでないこともあるので注意が必要です。
普段と違うメイクアップなどで別人のようになってしまうと、家族も参列者もお別れの席で違和感を感じてしまいます。
普段の様子にプラス丁寧にお化粧、お気に入りの洋服があれば充分。
家族が葬儀の時に遺影選定に迷わないため、ということだけでなく自分自身で満足感のある写真を用意できればホッとするものです。
「遺影写真」と気負わず、この年代の思い出の1枚と考え、気軽に楽しみながら撮影できるといいですね。

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

-ブログ
-,

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.