リンク広告

離れている親を見守る方法

お盆も近づき両親のこと、帰省を考える時期ですね。
帰省してみたら、自分が思っているより急に年を取った気がする・・・と心配になる方がいるかもしれません。
また帰省自体なかなかできず電話連絡だけで心配に思うこともあるでしょう。

みなさん自分の生活があり、しょっちゅう様子を見に行くことも難しいでしょう。 それなりには暮らしているけれど「ちょっと心配になってきた」両親に、子どもが出来ることを考えていきます。

①近所を味方にするべし
1番近くにいる隣人やおむかいの方。管理人さん。子どもの立場では、これまで挨拶程度の関係だった方に、お土産でも渡しがてら話をしてみるのはとてもおすすめです。
何か気がついたら連絡をくださいとお話し、自身の携帯電話番号を伝えておきましょう。(メモに書いて、お土産などに添えて渡すのもきちんとした印象ですね)
近隣の方は、隣人のご様子が気になっていてもどこに伝えたらいいかわからない、と思っていることも多いです。民生委員さんが心配して見守っていることもあります。「遠くの知人より近くの他人」は一理あり。

以前、全身やけどで病院に救急搬送された80代独居男性。見つけたのはお向かいの方でした。夜間電気がつかないことを不審に思い、事前に聞いていた息子さんに連絡。駆けつけると風呂場でうつ伏せに倒れていたそうです。原因はやかんにお湯を沸かした際、あやまってひっくり返し熱湯を下半身全体に浴びたこと。風呂場で冷水をかけようと這っていきたどりついたところで、動けなくなっていたそうです。ご近所の通報のおかげで助かることができました。地域の大事さを実感しました。

②見守りセンサーなどの導入
様々な会社で見守りブザーなどが販売されています。1番は電話や会うことですが、たとえば自分が帰ったあとその日に何か起こるかもしれません。そうした意味では見守りセンサーなどの導入もひとつだと思います。
私は監視カメラっを室内に設置することをいいと思いません。親には親の生活があるからです。家族であろうとプライバシーは守られる権利があると考えています。センサータイプは動きを察知するタイプなので、プライバシーは守りながら様子を見守れます。またスマホにデータが送られるのも、安心ですよね。

例えばこちら↓↓

おはようボタン、内服ボタンなど感覚的に高齢者も理解できるように作られています。ただし宣伝にある「軽度認知症」を感じている場合は、こちらの機械で診断はできませんのでご注意。
認知症が心配な場合は、かかりつけ医または地域包括支援センターに相談し、もの忘れ外来や認知症専門医を紹介してもらい受診しましょう。

こちらも↓↓


こちらは「温度」「湿度」「照度」「運動量・動き」をセンサーで見守れるのがウリ。熱中症の注意もできますね。

少しでも元気に長生きできるよう、文明の利器も利用しつつ、たとえ離れていても親を見守っていけるといいですね。

 

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.