エンディングノートの選び方 レビュー 親へ送るエンディングノート 作成サポート セミナー

エンディングノートを作ろう!

リンク広告

ブログ

エンディングノートに「自分史」「学歴」「職歴」を書くの意味とは

更新日:

ンディングノートを購入するだけでなくアクティブに活用していくお手伝いをしたい!気持ちは熱い石川です。

 

エンディングノートはどこから書いてもいいんですよ、とは言うものの。

いきなりお金のことや介護のことを書くよりは「自分史」「学歴」「職歴」あたりがか

書きやすいのではないでしょうか。

ではさっそくと・・・履歴書のように書きはじめる。ちょ、ちょっと待って~!

 

自分史に関してはご自身の総括という意味、そして後に残された大事な方が読むように

書いていますよね。

大事な方が読むとき<○○年に△△中学卒業、○○年□□高校卒業・・・>

これはスーッと読み飛ばしてしまいますよね。

もちろん学歴・職歴を書いて頂いて結構なのですが、実は「その中身」を書くことが大

切なのです。

 

高校時代にどんな部活をやっていたは知っていても「どんな友人と」「どんなことを頑張っていたのか」

どこの会社に勤めているかは知っていても「何の仕事を」「どんなところに苦労しながら」「どんなところにやりがいをかんじていたのか」「その仕事の中身」

当然お母さんがお母さんだったことは知っていても「どんなことに心配りして育児をしていたのか」「どんなことがうれしかったのか」「よく育ってくれたなあと思うこと」などなど

 

家族って意外に知らないものです。

それを確信したのは、デイサービスで処置をしている時間。

「学生時代にこんなことがあったんだよ」「仕事していて苦労したのはね・・・」「子

育てで大事にしていたのは○○。いまだにこんなところは小さいころと変わらないのよ」

などなど数多くのお話を聴く機会がありました。

 

しかしご家族にそのことを伝えたときに

 

「へえ~~!!」

 

という反応のことが多かったんです。

なかなか照れくさくて家族をだからこそ自分の話をしないのでしょうか。

でももったいないな。そこには偽りのない確かな思いがありますから。

 

ご自身の強く思い起こされるエピソードは、その方の生きざまを示します。

「お母さんらしいね」

「お父さんらしいね」

と感じるのはそんな大切な思い出からです。

決して職歴、学歴だけではわかりえない人柄です。

 

お話しするのが照れくさくても、エンディングノートに記すことは可能ですよね。

ご自身でも読み返せば、人生の大事にしてきた部分が浮かび上がり

残された方にとってもいきいきとした故人が目に浮かぶ。

そんなエンディングノートを作り上げたいですね。

 

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。お役に立てたら幸いです。

1位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

2位 コクヨ 「もしもの時に役立つノート」

コンセプトは「家族のために。あなた自身のために」
もしものときに家族が困らないように、自分自身の情報整理に使うことが目的のエンディングノート。
文房具屋が作成しただけあり、用紙にもこだわりがあります。しっかりとした厚みでなめらかな書き心地の用紙。
シンプルで事務的に必要なことを簡潔に伝えられるエンディングノートがほしい方にはぴったり。Amazonのレビュー評価が高いだけあり、年齢問わず万人向けのノート。
備忘録の要素を強く求めている方に合う。
思い出を楽しく綴るというより、気がかりをひとまとめに記入できる事務的要素が強いノートです。

3位 親ブック

子どもが親に聞き取りながら記入するノート。このため、親がいるなら何歳でも適応。ですが現実的に親の交友関係や生活が気になり出すのは、子どもである自分が30代後半~、または両親が65歳すぎたころかな、と思います。
親ブックのコンセプトは、親子をつなぐきっかけ作り。
親のことを考え始めた方の入門編といったところ。
エンディングノートとは言えません。介護や、葬儀、財産、人生の最終段階の方針はまたあらためて確認する必要があります。
ただ、親のことが心配なだけなのに「エンディングノート」「終活」という言葉で親を傷つけたくない、もっとやんわりと親と今後のことを話したい、という場面にはぴったりです。その中で自然と終末期の希望なども聞けるのが理想です。

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.