エンディングノートの選び方 レビュー 親へ贈るエンディングノート 作成サポート セミナー

エンディングノートを作ろう!

看護師がまとめた本当に使える入院準備リスト 印刷して使えます

入院準備お疲れ様です。

入院準備リスト 印刷して使えます ☆準備リストだけ欲しい方、緊急入院で取り急ぎ必要な物品をシンプルに知りたい方はこちら

看護師がまとめた本当に使える入院準備チェックリストです。
病院から渡される入院案内はかなり簡素なので、必要なものがわかりにくく感じることがあります。
パッと一目でわかるように、準備する物品をまとめました。
また緊急入院されることも想定し「入院手続き時に持参するもの」「翌日以降に持参するもの」「あったらうれしいもの」の項目に分けています。
印刷して利用できます。

入院準備チェックリストPDF版

入院準備がはじめての方、持ち物は何を用意したらいいのかわからない方は入院準備リストの解説をどうぞ

入院中は自宅で過ごすのとは違い、不自由な生活を強いられます。治療に必要なもの、快適な入院生活を過ごすためにどうしたらいいか悩むこともあると思います。
具体的には、パジャマやくつしたの選び方、T字帯ってなんだろう、コップはどんなものを持って行けば役立つかな?などなど、よくある疑問と実際に患者さんが入院生活で快適に使っていた持ち物を解説しています。

入院準備解説ページはこちら →親が倒れたときにやるべき事!入院準備リスト 何を用意したらいいの?
読むと何を準備すればいいのか、必要性も含めてよくわかると思います。
写真付き解説です。

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

3位 コクヨ 「もしもの時に役立つノート」

コンセプトは「家族のために。あなた自身のために」
もしものときに家族が困らないように、自分自身の情報整理に使うことが目的のエンディングノート。自分の歴史を振り返ったり、思いを残すというエンディングノートとは異なり、事務的な印象が強い。
シンプルで事務的に必要なことを簡潔に伝えられるエンディングノートがほしい方にはぴったり。Amazonのレビュー評価が高いだけあり、年齢問わず万人向けのノート。
字が細かめなので、30~40代でエンディングノートを探している方にもいいです。
備忘録の要素を強く求めている方にも合います。

投稿日:

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.