家族あるあるまんが

父の言葉

子育てをしていると自分の子ども時代をふと思いだす。苦い記憶も、優しい記憶も。            

良薬は口に苦し

試行錯誤を繰り返すことって親から子へ最大限の愛情なのだ。

遠く離れていても

  ついつい忙しい現実に流されてしまう日々。だけど大きな親孝行より、時々連絡することが大事なんだよなあ。

スポンサーリンク

40年間のお弁当

これぞ夫婦の歴史。本当にお互いお疲れ様でした!

このときを待っていた

「もう枝ばっかり集めて」ってお母さんは言うけど。今日のような日が来るのをぼくは知っていたんだよ(エヘン)

あと少しの歌

自分がいつのまにかあのころの親の年齢になるなんてね

喜怒哀楽

                        哀も怒もあるからこその喜と楽!

スポンサーリンク

「母は見守ることしか…」

自分のことじゃないからこそ もどかしい時あるよねぇ

no image

昨日の晩~娘の気持ち

親の愛情がしみわたる 「昨日の晩~父の気持ち」と比べてみてくださいね

昨日の晩~父の気持ち

わたしだって。わたしだって。何にも考えていないわけじゃなかったんだからね。 「昨日の晩~娘の気持ち」に続く

おつかい

      振り向いたらいない・・・息子だもの

スポンサーリンク

心優しき発明家

謎のドヤ顔・・・・!!

「アレ」が出てこない!

アレのアレはアレだからねえ

役に立ちたい!

だってヒーローだもん。

寄ると触るとケンカする兄弟

寝てるときの世界平和ったら。

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.