ブログ

離れている親を見守る方法

お盆も近づき両親のこと、帰省を考える時期ですね。 帰省してみたら、自分が思っているより急に年を取った気がする・・・と心配になる方がいるかもしれません。 また帰省自体なかなかできず電話連絡だけで心配に思 ...

紙おむつ 介護保険適用となるか?医療費控除は?

年齢を重ねるとお下の悩みはつきません。紙おむつをいつから使うか。何を使うか。 男性なら年齢により前立腺肥大の確率も上がり、頻尿になることも多いです。ちなみに前立腺肥大は50歳で30%、60歳で60%、 ...

一日家で過ごすことが多い親への贈り物

膝が悪い、腰が痛い、在宅酸素をしている・・・・様々な理由で日がな一日、自宅で過ごすことが多い高齢の方は多いです。 週2回くらいのデイサービスを入れていても、あとの週5は家で過ごしているということもあり ...

スポンサーリンク

明日のための「マイ・エンディングノート」

そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」> 1.商品情報 商品価格 2178円 エンディングノートとしてはかなり勇気のいる値段設定です。(このブログ自腹で買 ...

ケアマネージャーとは ケアマネージャーってどんな人なの?

「ケアマネージャー」介護保険サービスを利用する際にケアプランを作成してくれる専門職のことを言います。正式名称は介護支援専門員。 現場ではみなさん「ケアマネ」「ケアマネさん」と呼ぶのが一般的。 ではこの ...

親切心につけこむ人から自分の身を守って欲しい

相談業務をしていて思うこと。 社会は、言いやすいひとや物腰が柔らかいひと、優しそうなひとに背負わせすぎということ。 仕事をしていると、自分の業務と自分が関わらない業務の境界線上の仕事が多数発生する。普 ...

親が転倒した!一時的なケガでも介護保険の申請はできるのか~入院までいかないけど自立して日常生活を送るのが難しいときにできること~

両親が最近だいぶ年をとってきたな・・・ふと思うとき。一縷の寂しさや不安がよぎります。「でもなんとか自分たちで暮らしているし、きっと大丈夫」そんな風に気にかけつつも、日々の生活に忙しく追われている子ども ...

スポンサーリンク

no image

パスワードがわからない!どんどん増えていくパスワード問題

母から携帯電話の調子がおかしいと連絡が来た。確認してみるとたしかに動作が鈍い。操作が悪いという問題ではないようだ。 早速、携帯ショップに予約を入れて携帯を持ち込んだ。 店員さんがしばらく操作性を確認し ...

生前遺影撮影 ついやってしまいがちなNG例

お葬式の準備をする上で必ず必要な遺影写真。ところが悩むことが多いのが、葬儀までの慌ただしい時間の中で行う遺影写真の選定です。遺影に適した写真はもちろんだけれど、その方らしいできるだけいい映りを選びたい ...

いつまでも親が元気でいるとは限らない

親はいつまでも親だし、子どもはいつまでも子どもだ。これはいくつになってもそう。30になっても。40,50になっても。60、70才になっても子どもは子どもだ。余計な口出しをしたり心配したりする。 でもい ...

「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート/ブティック社

「もしも」の前に作っておきたい エンディングノート 商品情報 商品価格 972円 監修は老活弁護士(一般社団法人 老活研究所理事)大竹夏夫、介護福祉士(一般社団法人 快護ライフサポート協会代表理事)加 ...

スポンサーリンク

思春期の子どもへのご飯作り

毎日まいにち毎日まいにちまいにち・・・ご飯作り。 我が家は夫がたまにご飯を作ってくれるときもある。が、メインは自分の仕事と思っている。 やる気がある日も、面倒でたまらないときも作る。とにかく味噌汁鍋に ...

適塾見学&除痘館記念資料館での学び

幕末期の名医、緒方洪庵が開いた適塾へ見学に行きました。 医者がこの世で生活しているのは、人のためであって自分のためではない。決して有名になろうと思うな。また利益を追おうとするな。ただただ自分をすてよ。 ...

ダブルケアとは?「疲れた」「毎日が精一杯」 

「子育て」「介護」どちらか一方でも毎日奮闘、ヘトヘトになるもの。 もしあなたが子育てをしている中、親が倒れて介護しなくてはならなくなったら? 女性の社会進出・晩婚化・出産年齢の高齢化を背景に、育児期に ...

免許返納 親をどう説得するか【具体例を考える】

東京・池袋でおきた高齢ドライバーによる暴走事故で12人が死傷した事件。 親の運転が急に不安になり、免許返納の話をしたくなることはとても理解できます。 しかし、なかなかうまくいかないのが実情。 どのよう ...

本当に使って良かった!エンディングノート ランキング

医療・福祉現場で約15年働いてきた看護師であり、エンディングノートプランナーが作成した
本当に使ってよかった「エンディングノート」ランキング。

みなさんにピッタリ合うエンディングノートが手に入れられるようにしたい。
そんな思いからすべて自腹で購入!
中身を吟味しランキング作成をしました。ランキングはいいものが見つかれば変動します。お役に立てたら幸いです。

1位 「もしも」の前に作っておきたいエンディングノート

かゆいところに手が届くエンディングノート。
目が悪い方、マス目に字を小さく書くのが難しい方、老眼・白内障・緑内縁など小さな文字が見えにくい方には記入欄が大きく、読みやすいでのでおすすめです。両親へのプレゼントなどにも最適です。
必要な情報が網羅されているにも関わらず「たくさん書かないと」というプレッシャーを感じさせない内容。
かつ、思い出や未来に向かっての気持ちの整理もできて、単なる終活という意味合いだけではないのがとても良いです。

2位 そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」

両親にプレゼントしても、若い世代が記入しても、配偶者と書いてもよいオールマイティーなエンディングノート。
文字を書くスペースが大きめで、ぎっちり詰まっていないので目に優しい。
特筆すべきはやはり2冊組であること。財産関係は分けて保管して、必要な人にしか見せたくないですよね。
またパソコン入力を希望されていた方には、CD-ROM付きはありがたい。
星5つにならなかったのは値段です。2000円超えは割高に感じてしまいそう。しかし、内容とCD-ROMのことを確認すると妥当なお値段だなと思います。
本当に使って良かった!エンディングノートランキング2位にランキング入りしました。ランキング入れ替わります!
充実した内容含め、幅広い世代におすすめできます。

3位 MY Life これまでとこれから自分史年表+エンディングノート

「人生の終着地点を考えることで、今をよりよく生きる」ことを実現できるエンディングノートの決定版。
K&B PUBLISHRS 旅のガイド本「るるぶ」の出版社。終末期やエンディングに特化していないため、幅広い年齢層が利用することができます。
これまでのあゆみや思い出を振り返りまとめられる自分史機能+「これからのために」「もしものために」を記入できるエンディングノート機能が1冊にまとまっています。
自らの人生観を整理しつつ、楽しみながら記したい方なら、若者~中高年~老年期とどの世代にもおすすめ。
(簡潔に終末期のことのみ記したい方にはおすすめできませんので注意)

Copyright© エンディングノートを作ろう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.